サヨナラ!肝臓病 > 肝臓について肝臓の働き > 肝臓のはたらき・代謝

Section targeting

肝臓のはたらき・代謝

“代謝”とは、物質を別の物質に変えるはたらきのことです。

食事で摂る、炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル。
それらは、そのままでは体のエネルギーや体作りの材料になることはできません。

肝細胞は、門脈(消化器官から来ている血管)からとり込んだ栄養素を、体が必要としているカタチに作り直したり、一時的に貯蔵しておいて必要なときに血液中へ送り出したりしています。


【糖質の代謝】

ごはん・パン・めん・パスタなどの主食や、甘いお菓子などを食べることで糖質が体内に運び込まれます。
糖質は肝細胞によって、最小単位のグルコース(ブドウ糖)に分解され、血液中に送り出されます。
血液中のグルコース(ブドウ糖)の濃度が“血糖値”と呼ばれるものです。
糖質を摂りすぎた場合、肝臓は、余分なグルコースをグリコーゲンに変えて貯蔵します。
その肝臓に貯蔵したグリコーゲンは、お腹が空いたときなどに血糖値が下がると、再び血液中に送り出されます。

血糖値が一定に保たれているのは、こうした肝臓の糖代謝のおかげです。


【タンパク質の代謝】

タンパク質とは、いくつかのアミノ酸が集まったものです。
食べ物に含まれているタンパク質は、体の中に入ると、酵素によってアミノ酸に分解されます。
アミノ酸は腸壁などから吸収されて、門脈(消化器官から肝臓への血管)へ運ばれます。

肝臓は、吸収したアミノ酸をタンパク質の再合成に利用し、全身の細胞の材料になるように作り変えて、体中の各組織へ送ります。

タンパク質の一部は、ブドウ糖や脂肪に変換されて、エネルギーとして利用されます。


【脂質の代謝】

食事で摂取した脂質は、胃や腸で脂肪酸などに分解されて、肝臓に運ばれます。
肝臓では、その分解された脂質をコレステロール、中性脂肪、リン脂質などに代謝します。
それらは、細胞組織をつくる物質として血液中に放出します。

誤解のないように付け加えますと、コレステロールなどは、摂りすぎると体に良くないとよく言われますが、体にとって必要な物質です。
摂りすぎはよくないみたいですけどね。


★酒好き必見!★
肝臓に良いと言われる「肝パワー」を買ってみました。
肝臓サプリを探しているなら、参考になるかも?

>>肝パワーの体験談はこちら


C型肝炎検診キット
C型肝炎の疑いや不安のある方、お手軽な検診キットで調べてみませんか?
Google
Web サイト内
サヨナラ!肝臓病 TOP

【肝臓の仕組みと特徴】
肝臓の大きさ・主な働き
なぜ沈黙の臓器と呼ばれるの?
肝臓が処理する血液
肝臓はビタミンの貯蔵庫

【肝臓の働き】
代謝
解毒(げどく)
胆汁分泌

【肝臓病の種類】
A型肝炎
B型肝炎
C型肝炎
D型肝炎
E型肝炎
G型肝炎
TT型肝炎
サイトメガロウイルス
単純ヘルペスウイルス
風疹ウイルス
キスでうつる肝炎
脂肪肝
肝癌(かんがん)
肝硬変
急性肝炎
薬剤性肝障害
感染性障害とは?
ヘモクロマトーシス
ウイルソン病
自己免疫性肝障害
非アルコール性肝障害(NASH)
子供の肝臓病
原発性胆汁性肝硬変
肝性糖尿病
食道静脈瘤
癌(がん)以外の腫瘍

【肝臓病について】
周囲へ感染させないためには?
慢性肝炎になったら…
やせていても脂肪肝になる?
腹水がたまったら?

【アルコールと肝臓】
アルコール性肝障害
アルコール性肝障害のその後
アルコール・薬剤の解毒
お酒に強い人は肝臓も強い?
お酒の上手な飲み方
アルコールと脳細胞

【治療薬・治療法】
インターフェロンとは?
ペグ・インターフェロンとは?
リバビリンとは?
ラミブジンとは?
アデフォビルとは?
エンカテビルとは?
ステロイド離脱療法とは?
プロパゲルマニウムとは?
サイモシンα1とは?
タウリンの肝臓への効用

アクセスカウンター
Since 2006.1.12


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  サヨナラ!肝臓病〜脂肪肝・肝炎・肝硬変・ナッシュの知識〜  ↑上へ戻る