サヨナラ!肝臓病 > 肝臓について肝臓の仕組みと特徴 > なぜ“沈黙の臓器”と呼ばれるの?

Section targeting

なぜ“沈黙の臓器”と呼ばれるの?

肝臓はよく、「静寂の内臓」、「忍耐強い内臓」および言うべきふうのために呼ばれます。
なぜ、それはである?
肝臓は苦痛を感じるほとんど神経がないからです。
肝臓セルが破壊されても、苦痛を感じる神経がほとんどないので、彼は一人で容易に気づきません。
自覚症状から出て来るのが難しいので、自覚症状が現われる場合、肝臓が相当により悪くなっていることは言えるでしょう。
肝臓がより悪くなる場合、黄疸(続くべきだん)は全身に現われる�ゥもしれませんが、そのような条件を備えた肝臓病に気づく人々は全体の約30%と呼ばれます。
それが健康診断などに実行する場合、残りの人々の70%は偶然発見されます。
それが悪化しても、肝臓がそれ自体によって容易に知られていないので、彼はそれ自身の身体を周期的に調査した方法に関して容易に感じることができるかもしれません。
肝臓は、苦痛を感じるほとんど神経がないべき代わりに顕著な供給予備電力および再生能力を持っています。
それは約4か月後にオリジナルのサイズに返りさらに、肝臓が75?85%をカットし削除しても機能を回復する、と言われています。
それは恐ろしい回復力です。
他の内臓にないのは肝臓だけの恐ろしい回復能力です。
それがそのような恐ろしい回復力があるのでそれが肝臓病になる場合たらきが悪化しても、負担が肝臓に置いた作る光を扱う場合、肝臓においてよくなることは十分なことの可能性があります。


★酒好き必見!★
肝臓に良いと言われる「肝パワー」を買ってみました。
肝臓サプリを探しているなら、参考になるかも?

>>肝パワーの体験談はこちら


C型肝炎検診キット
C型肝炎の疑いや不安のある方、お手軽な検診キットで調べてみませんか?
Google
Web サイト内
サヨナラ!肝臓病 TOP

【肝臓の仕組みと特徴】
肝臓の大きさ・主な働き
なぜ沈黙の臓器と呼ばれるの?
肝臓が処理する血液
肝臓はビタミンの貯蔵庫

【肝臓の働き】
代謝
解毒(げどく)
胆汁分泌

【肝臓病の種類】
A型肝炎
B型肝炎
C型肝炎
D型肝炎
E型肝炎
G型肝炎
TT型肝炎
サイトメガロウイルス
単純ヘルペスウイルス
風疹ウイルス
キスでうつる肝炎
脂肪肝
肝癌(かんがん)
肝硬変
急性肝炎
薬剤性肝障害
感染性障害とは?
ヘモクロマトーシス
ウイルソン病
自己免疫性肝障害
非アルコール性肝障害(NASH)
子供の肝臓病
原発性胆汁性肝硬変
肝性糖尿病
食道静脈瘤
癌(がん)以外の腫瘍

【肝臓病について】
周囲へ感染させないためには?
慢性肝炎になったら…
やせていても脂肪肝になる?
腹水がたまったら?

【アルコールと肝臓】
アルコール性肝障害
アルコール性肝障害のその後
アルコール・薬剤の解毒
お酒に強い人は肝臓も強い?
お酒の上手な飲み方
アルコールと脳細胞

【治療薬・治療法】
インターフェロンとは?
ペグ・インターフェロンとは?
リバビリンとは?
ラミブジンとは?
アデフォビルとは?
エンカテビルとは?
ステロイド離脱療法とは?
プロパゲルマニウムとは?
サイモシンα1とは?
タウリンの肝臓への効用

アクセスカウンター
Since 2006.1.12


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  サヨナラ!肝臓病〜脂肪肝・肝炎・肝硬変・ナッシュの知識〜  ↑上へ戻る