サヨナラ!肝臓病 > 治療薬・治療法について > リバビリンとは?

Section targeting

リバビリンとは?

リバビリンとは、1970年代に開発されたカプセル入りの内服薬です。
呼吸器感染症やヘルペスなどに使用されていました。

近年、インターフェロンと併用することにより、抗ウイルス作用を発揮することが分かりました。
今では、C型慢性肝炎の治療に、インターフェロンとリバビリンの併用療法が標準的な治療法のひとつになりました。
インターフェロンとリバビリンとの併用療法は、日本で2001年12月に保険適用になりました。

【ペグ・インターフェロンとの併用療法】
2004年12月に、ペグ・インターフェロンとリバビリンの併用療法が保険適用になりました。
週に1回通院して、ペグ・インターフェロンを注射し、カプセル薬のリバビリンを飲むという療法です。
これを薬1年間(48週)続けます。
患者にとっては、負担の少ない治療法と思えます。

【リバビリンの副作用】
リバビリンには、赤血球に侵入して、赤血球の寿命を短くするという性質があります。
そのため、治療中にヘモグロビン値が低下し、貧血を起こしてしまうという副作用があります。
ヘモグロビンの値が一定量以下の患者には、治療は行なわれません。
脳出血、硬膜下血腫、糖尿病、などの副作用がある場合もあります。
そのため、65歳以上の患者には慎重に投与し、75歳以上になると基本的に投与しないそうです。
高血圧、糖尿病、眼底に異常の患者には、投与しないようです。
退治の貴兄を誘発する可能性もようです。
治療・投与の終了後6ヶ月は、女性も男性も避妊しなければなりません。


★酒好き必見!★
肝臓に良いと言われる「肝パワー」を買ってみました。
肝臓サプリを探しているなら、参考になるかも?

>>肝パワーの体験談はこちら


C型肝炎検診キット
C型肝炎の疑いや不安のある方、お手軽な検診キットで調べてみませんか?
Google
Web サイト内
サヨナラ!肝臓病 TOP

【肝臓の仕組みと特徴】
肝臓の大きさ・主な働き
なぜ沈黙の臓器と呼ばれるの?
肝臓が処理する血液
肝臓はビタミンの貯蔵庫

【肝臓の働き】
代謝
解毒(げどく)
胆汁分泌

【肝臓病の種類】
A型肝炎
B型肝炎
C型肝炎
D型肝炎
E型肝炎
G型肝炎
TT型肝炎
サイトメガロウイルス
単純ヘルペスウイルス
風疹ウイルス
キスでうつる肝炎
脂肪肝
肝癌(かんがん)
肝硬変
急性肝炎
薬剤性肝障害
感染性障害とは?
ヘモクロマトーシス
ウイルソン病
自己免疫性肝障害
非アルコール性肝障害(NASH)
子供の肝臓病
原発性胆汁性肝硬変
肝性糖尿病
食道静脈瘤
癌(がん)以外の腫瘍

【肝臓病について】
周囲へ感染させないためには?
慢性肝炎になったら…
やせていても脂肪肝になる?
腹水がたまったら?

【アルコールと肝臓】
アルコール性肝障害
アルコール性肝障害のその後
アルコール・薬剤の解毒
お酒に強い人は肝臓も強い?
お酒の上手な飲み方
アルコールと脳細胞

【治療薬・治療法】
インターフェロンとは?
ペグ・インターフェロンとは?
リバビリンとは?
ラミブジンとは?
アデフォビルとは?
エンカテビルとは?
ステロイド離脱療法とは?
プロパゲルマニウムとは?
サイモシンα1とは?
タウリンの肝臓への効用

アクセスカウンター
Since 2006.1.12


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  サヨナラ!肝臓病〜脂肪肝・肝炎・肝硬変・ナッシュの知識〜  ↑上へ戻る