サヨナラ!肝臓病 > 肝臓病について > 周囲へ感染させないためには?

Section targeting

周囲へ感染させないためには?

ウイルス性肝炎の中で、血液感染するのはB型肝炎とC型肝炎です。B型肝炎は感染力が強いので、B型肝炎のキャリア(ウイルスを持っている人)は、周りの人にうつさないために注意が必要です。

【夫婦間の感染】
B型肝炎は、夫婦間の性交でうつる場合があります。
新婚旅行から帰ってからB型肝炎を発症したケースに“ハネムーン感染”と呼んだこともあるそうです。
配偶者がB型肝炎のキャリアの場合、抗体のない人はB型肝炎ワクチンを接種したほうがよいと思います。
必要はありません。


【出産前の女性】
妊娠経過中女性は、子供のためにも、B型肝炎の検査を受けたほうがよいと思います。
母親がB型肝炎のキャリアであった場合、出産で赤ちゃんが産道を通るときに感染する場合があります。
HBe抗原が陽性であるのか、HBe抗体が陽性であるのか、それによって母子感染の予防プログラムが異なるようです。
日常生活では、B型肝炎やC型肝炎が感染することはほとんどないといわれています。
家族の中にキャリアがいる場合には、念のため注意したほうがよいと思います。
社会生活で、感染を予防するために以下の気をつけましょう。

●血液や分泌物がついたものは、むき出しにならないようにくるんで捨てる、もしくは流水でよく洗い流す。
●外傷、皮膚炎、鼻血などはなるべく自分で手当てをする。手当てを受ける場合には、血液や分泌物がつかないように注意する。
●カミソリ、歯ブラシなどの血液がついている可能性のあるものは、個人専用にする。
●乳幼児に口移しで食べ物を与えない。
●トイレに行った後には流水で手を洗う。
●他人の血液にさわる場合にはゴム手袋をつける。
●非合法の薬物を注射しない。
●入れ墨やピアスをするときには、清潔な器具であることを確認する。
●性行為にはコンドームを使用する。


★酒好き必見!★
肝臓に良いと言われる「肝パワー」を買ってみました。
肝臓サプリを探しているなら、参考になるかも?

>>肝パワーの体験談はこちら


C型肝炎検診キット
C型肝炎の疑いや不安のある方、お手軽な検診キットで調べてみませんか?
Google
Web サイト内
サヨナラ!肝臓病 TOP

【肝臓の仕組みと特徴】
肝臓の大きさ・主な働き
なぜ沈黙の臓器と呼ばれるの?
肝臓が処理する血液
肝臓はビタミンの貯蔵庫

【肝臓の働き】
代謝
解毒(げどく)
胆汁分泌

【肝臓病の種類】
A型肝炎
B型肝炎
C型肝炎
D型肝炎
E型肝炎
G型肝炎
TT型肝炎
サイトメガロウイルス
単純ヘルペスウイルス
風疹ウイルス
キスでうつる肝炎
脂肪肝
肝癌(かんがん)
肝硬変
急性肝炎
薬剤性肝障害
感染性障害とは?
ヘモクロマトーシス
ウイルソン病
自己免疫性肝障害
非アルコール性肝障害(NASH)
子供の肝臓病
原発性胆汁性肝硬変
肝性糖尿病
食道静脈瘤
癌(がん)以外の腫瘍

【肝臓病について】
周囲へ感染させないためには?
慢性肝炎になったら…
やせていても脂肪肝になる?
腹水がたまったら?

【アルコールと肝臓】
アルコール性肝障害
アルコール性肝障害のその後
アルコール・薬剤の解毒
お酒に強い人は肝臓も強い?
お酒の上手な飲み方
アルコールと脳細胞

【治療薬・治療法】
インターフェロンとは?
ペグ・インターフェロンとは?
リバビリンとは?
ラミブジンとは?
アデフォビルとは?
エンカテビルとは?
ステロイド離脱療法とは?
プロパゲルマニウムとは?
サイモシンα1とは?
タウリンの肝臓への効用

アクセスカウンター
Since 2006.1.12


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  サヨナラ!肝臓病〜脂肪肝・肝炎・肝硬変・ナッシュの知識〜  ↑上へ戻る