サヨナラ!肝臓病 > 肝臓病について肝臓病の種類 > 感染性障害とは?

Section targeting

感染性障害とは?

肝臓の敵は、ウイルスだけではありません。
・マラリア
・梅毒
・結核
・ワイル病(黄疸出血性レプトスピラ症)
・肝膿瘍(かんのうよう)
・日本住血吸虫症
・肝吸虫症(肝ジストマ)
・包虫症(肝エキノコックス症)
…などが原因で、肝障害が起きることがあります。
寄生虫が肝臓に巣くう病気は少なくなりました。
淡水魚の生食から発症する“肝ジストマ”は、感染率は高いですが、寄生虫の数が少ないので、肝機能は場合がほとんどです。


【肝膿瘍について】
肝膿瘍とは、肝臓にうみがたまる病気です。
“化膿性肝膿瘍”と、アメーバのような原虫が原因の“アメーバ性肝膿瘍”があります。

化膿性肝膿瘍は、胆石などで胆汁がうっ帯しているときに、腸から大腸菌などが流れ込んで胆嚢炎を起こし、肝臓に感染が広がるものです。
超音波検査を受けるとすぐに分かるそうなので、原因不明の発熱が続いたら肝臓を調べてみましょう。
震えをともなう発熱があり、上腹部に痛みが起こります。
・触診で分かるほどの肝臓の肥大
…などがあります。
血液を調べると白血球が増えています。
治療には、以下のことを行ないます。
・肝臓に細い管を挿入して、うみを出す。


★酒好き必見!★
肝臓に良いと言われる「肝パワー」を買ってみました。
肝臓サプリを探しているなら、参考になるかも?

>>肝パワーの体験談はこちら


C型肝炎検診キット
C型肝炎の疑いや不安のある方、お手軽な検診キットで調べてみませんか?
Google
Web サイト内
サヨナラ!肝臓病 TOP

【肝臓の仕組みと特徴】
肝臓の大きさ・主な働き
なぜ沈黙の臓器と呼ばれるの?
肝臓が処理する血液
肝臓はビタミンの貯蔵庫

【肝臓の働き】
代謝
解毒(げどく)
胆汁分泌

【肝臓病の種類】
A型肝炎
B型肝炎
C型肝炎
D型肝炎
E型肝炎
G型肝炎
TT型肝炎
サイトメガロウイルス
単純ヘルペスウイルス
風疹ウイルス
キスでうつる肝炎
脂肪肝
肝癌(かんがん)
肝硬変
急性肝炎
薬剤性肝障害
感染性障害とは?
ヘモクロマトーシス
ウイルソン病
自己免疫性肝障害
非アルコール性肝障害(NASH)
子供の肝臓病
原発性胆汁性肝硬変
肝性糖尿病
食道静脈瘤
癌(がん)以外の腫瘍

【肝臓病について】
周囲へ感染させないためには?
慢性肝炎になったら…
やせていても脂肪肝になる?
腹水がたまったら?

【アルコールと肝臓】
アルコール性肝障害
アルコール性肝障害のその後
アルコール・薬剤の解毒
お酒に強い人は肝臓も強い?
お酒の上手な飲み方
アルコールと脳細胞

【治療薬・治療法】
インターフェロンとは?
ペグ・インターフェロンとは?
リバビリンとは?
ラミブジンとは?
アデフォビルとは?
エンカテビルとは?
ステロイド離脱療法とは?
プロパゲルマニウムとは?
サイモシンα1とは?
タウリンの肝臓への効用

アクセスカウンター
Since 2006.1.12


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  サヨナラ!肝臓病〜脂肪肝・肝炎・肝硬変・ナッシュの知識〜  ↑上へ戻る